NDIRセンサー用ランプの構造

NDIRセンサー用ランプの構造 NDIRセンサーとは、被分散型分光法によって、ガスの検出や一酸化炭素、二酸化炭素などの濃度の測定を行う装置です。
気体を構成する分子には、それぞれに特定の周波数の赤外線を吸収するという性質があります。
センサーの一端にはNDIRセンサー用ランプがあり、そこから放射された赤外線が反対の端に設置された赤外線センサーによって受信され、その際の吸収されて受信しなかった周波数から管内のガスの成分を分析するものです。
この中でNDIRセンサー用ランプは、赤外線を安定して放射するという重要な役割を果たしています。
真空にした管球の中に赤外線を放射するフィラメントを設置するという、一般的な光源用のランプと同様の構造を持っていますが、一般的な光源用ランプとは違い、フィラメントの位置や赤外線量の安定性、反応速度の速さなどに格段の精密さが要求されます。
また、繰り返し使用するための耐久性も必要とされるため、製作に必要な技術を有しているメーカーも数社に限られています。

NDIRセンサー用ランプがテクノロジーを変えた

NDIRセンサー用ランプがテクノロジーを変えた NDIRセンサー用ランプは、NDIR方式ガス検出の技術を応用して開発されたものです。
co2測定は、一般的に良く知られた非分散型赤外線吸収法と呼ばれる、赤外放射吸収の原理に基づいたものです。
この原理を使うとセルの中に測定したいガスを放出でき測定の分析計を小型できました。
NDIRセンサー用ランプは、この原理を使うことでより測定機器が小さくなり赤外線放射の回析ができることから自動車用のランプをLED照明を使うことで1つにまとめ、その特性を活用する形でカラー技術を集積したものです。
まさにテクノロジーの進化が開発した技術の応用の例だといえるのです。
小型化。
ナノ化が進むことで組み立てにかかる部品は少なくなり、より高精度かつ高寿命の特徴を持つことができるようになります。
最近のNDIRセンサー用ランプなどに応用された技術は、産業・ビル・マンションなどで省電力や瞬間消費電力の最小化設計などに技術応用することができるようになりました。

新着情報

◎2018/12/11

NDIRセンサー用ランプの原理
の情報を更新しました。

◎2018/11/9

サイト公開しました

「ガス 濃度」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@BuBonp それも疑問だし、そんな高濃度だったら現場の人が死んでるわ‼️ もはや毒ガスじゃないか(笑) そういう症状じゃないのよな… あり得ん。

Twitter☃️Snow flower🌷@Snow1000825

返信 リツイート 14:35

昨日天王洲アイルのそばを車で通った際は彼の二酸化炭素濃度の高まりを感じて深呼吸した。排気ガスがしみた

返信先:@tsota_ 環境モニターの炭酸ガス濃度の数値が下降しているのをスマホで眺めているときです! または、凄くいい方法や肥料を見つけたときです! つまりゲーム感覚ですねー笑

Twitter新規就農者イッチー@itchy_130

返信1 リツイート1 11:51

ガス中のばいじん濃度を計測する弊社のダストモニターは、静電誘導を利用した非接触検出方式!センサにダストが付着しても影響を受けずメンテナンスフリーです♪

@Miu_mwmガスの部屋に入れようかな! 長く動いてるのをみたいから、 少しずつガス濃度を上げるよ!

【ラドンガス濃度】 秋田の玉川温泉 約600ベクレル 鳥取の三朝温泉 約2000ベクレル 山梨の益富温泉 約16000ベクレル オーストリアのバドガシュタイン 40000〜100000ベクレル #ガイアZ

Twitter驚異のラドンガス療法が自宅で!?@126Demon2958

返信 リツイート 0:08

RT @ItouKino: 流れた放射能の濃度は高さには関係ないが、横の幅は広くなかった 放射能の端と真ん中では、ヨウ素の気体の割合が違っていた 3月15日の放射能には、希ガスや短命な放射能が多く含まれていて甲状腺にダメージを与えた キセノン133 テルル132 ヨウ…

これ去年学会で発表されてたやつだが、「低濃度アンモニア水」が生成する。NH3ガスとして分離しようとするとハーバー法よりエネルギー的に不利だし、液肥で使うにも輸送時のエネルギーでチャラになる。トラックに積めるような小規模反応器で作るしか活用法が無いんよね。web.smartnews.com/articles/fyvMh…

@LeifThrasir_TL ドラゴン考察勝手に書くよぉ。体型見る限り、飛竜、ワイヴァーンではなく本当にドラゴンだなって。クジラは水中生物故にその重さが可能ですが(シロナガスは190t程)、地上では自重で内臓がつぶれる。酸素濃度や翼面荷重も調べると楽しいよ そして飛行生物となると揚力を得るためには

論文を紹介いただいたんでちょっと読んでみた。アンモニアは出来ているね。 水相の濃度で最大11.7μM(10分間反応)。加えているガスは事前に6kVかけてプラズマ化してて、水面には波長考えると低圧水銀UVランプ由来の紫外線あててるみたい。副生成物でNOxはできてると。 researchgate.net/publication/30…